【ご注意】当ホームページは Internet Explorer 6 をサポートしておりません。他のブラウザーでご覧ください。


A1腱鞘とA2腱鞘 
解剖図譜と手の機能
(医療機関向け)
「経皮的ばね指手術」ではA1腱鞘とA2腱鞘に関する情報が重要です。
A1腱鞘を切除しても手の機能障害は起こらない(Lowら、1998)との報告があります。
腱鞘をA1、A2、C1・・・の名称で分類したのはDoyleら(1975)が最初であり、Strauchら*1(1985)がそれを改変して発表しました。


◇ 異なる3種類の解剖図譜
 
 ・ 手術書および図譜には下記の異なる3種類の記載があり、臨床家に混乱を与えています。
 ・ 私は2mm切開ばね指手術では1)ネッター図譜2)Thieme解剖図譜が参考になると考えます。
   A1とA2の間隔は症例ごとに違いがあるために、多彩なばね指の症状が出現すると考えるからです。
 ・ 一般的にはA1とA2の間隔が密着する3)Green手術書が参照されています。
1)ネッター図譜(再掲) C1がA1-A2の間にあり、A1とA2の間隔は広い。
2)Thieme解剖図譜 C1がA2-A3の間にあり、A1とA2の間隔は広い。またA1が二分割している。
3)Green手術書 C1がA2-A3の間にあり、A1とA2の間隔は密着している。


◇ A1腱鞘の摘出標本

ばね指を知るためにはA1腱鞘の摘出標本が非常に役立ちます。
ガイドナイフを用いて行ったA1腱鞘ガングリオンの摘出からの標本です。
A1腱鞘の長さは約1cmで厚みなどの形態は多彩です。摘出時のコッヘル把持による圧痕がついています。
【写真1】 A1は約1cm 右:屈筋腱側 (19174,NY) 【写真2】 柔軟性なA1腱鞘、中指 (C25691,TE)
【写真3】 2分割したA1腱鞘、中指 左:屈筋腱側、右:表面 (C46282,IK)
【写真4】 硬いA1腱鞘、中指 (C31086,ShH) 写真5】 A1腱鞘入口部Tapering (C45020,IK)
 


◇ 多彩な腱鞘パターン

Frohseら(1908)は腱鞘を15パターンに分類しましたが、この時代には腱鞘に名称が付いていません。
その原図を改変(YOC)してA1腱鞘、A2腱鞘、C腱鞘を色分け表示しました。
このように多彩な腱鞘パターンをだだ1つの図で示すことは不可能であり、上記の解剖図譜が少しづつ異なる理由も理解できます。
2mm切開ばね指手術では外から見えない腱鞘を切開しますので、この図の情報は非常に役立ちます。





◇ 腱鞘パターンの分類

A1腱鞘が分割している場合
・ 「2mm切開ばね指手術」ではこのような場合に一部を切り残す可能性があります。
・ 通常の方法で中枢へ向けて腱鞘切開した後、弾発現象が残る場合は、このパターンが考えられます。


  (Tieme出版のPechlaner Atlasからの改変図)
C腱鞘が存在する場合
・ 解剖学では、A1とA2の間にC1腱鞘の存在を認めるか否かで命名法に2種類あります。
・ 腱鞘は2種類に分けられます。
  A(Anular:輪状)のつく腱鞘
  C(Cruciform:十字型)のつく腱鞘
・ C腱鞘は菲薄で、A腱鞘とは発生学的にも異なり、腱の通過障害は起こしません。
・ A1腱鞘は特に長年にわたる手作業で肥厚して狭窄しますので腱の通過障害が頻繁に起こります。
・ A2腱鞘はA1に比べて薄く、柔軟で伸展性があり腱の通過障害は稀であると考えられます。
C腱鞘が存在しない場合
・ 右図の8パターンはC1腱鞘がありません。
・ C1腱鞘は非常に薄い皮膜のため解剖時に見逃されたと考えてよさそうです。
・ 興味深いのはA1とA2の間隔が多彩なことです。
・A1とA2の間隔が短い場合、A2腱鞘が肥厚、狭窄すると浅指屈筋腱の結節Dが2方向に通過障害を起こす可能性があります(→c型ばね指))。
_____________
1 Strauch B, de Moura W: Digital flexor tendon sheath: An anatomic study. J Hand Surg. 10A:185-189 1985

All rights reserved   Yumoto ORTHO CLINIC 2014