【ご注意】当ホームページは Internet Explorer 6 をサポートしておりません。他のブラウザーでご覧ください。


医療用双眼ルーペ 
設備および器具

私にとってツァイス社製の双眼ルーペEyeMag PROは診療に不可欠な医療器具です。

目的により倍率の異なる双眼ルーペ(右)を使用します。
1. 2mm切開ばね指手術 → 5X300
    皮膚切開が1~2mmで非常に小さいので使っています。
2. 手根管症候群の手術 → 5X300
    専用LED照明EyeMag Light(右下)を装着して使います。
    天井照明が届きづらい内部が明るく見えて非常に便利です。
3. 裸眼で見えない微細なトゲの抜去、および
   泥による汚染した傷口の処置 → 6X215
    拡大率が一回り大きなルーペを使います。

双眼ルーペの利点
1. 立体視により遠近感がよくわかる。
2. 倍率からは想像できないほど細部まではっきり見える。
日常生活において高倍率が必要な場合、時計の修理で使われる
倍率10倍ほどの「時計見ルーペ」もありますが、片目まぶたに挟
んで使う単眼ルーペです。

それに対して、ツァイス社製の双眼ルーペは倍率では「時計見
ルーペ」に及びませんが立体視の利点によりそれを上回る威力を
発揮する場合があります。

双眼ルーペとの出会い
昭和57年に開催された日本整形外科学会学術集会の器械展示
コーナーでこのルーペと出会いました。

さっそく翌年の9月に4X450mm のルーペを購入し、以来31年間
診療の場で愛用しています。

当時は14種類(右図)の双眼ルーペが販売されていましたが、現在
ツァイス社から購入できるのは黒字の10種類だけです。

白字の4種類は製造中止となり、またLED照明EyeMag Lightも製造
中止となってしまいました。

特に替えの効かないLED照明が故障しないかと、ひやひやしながら
使っています。

ステレオ技術:立体写真と3D映像
双眼ルーペだけが立体視のための道具ではありません。以前から
写真の世界では立体撮影用にステレオ・カメラがあります。

またレントゲン撮影においても立体撮影があることは別に述べました。
いずれの場合も瞳孔間距離ほどレンズ(またはレントゲン管球)を離し
て同じアングルで2枚の写真を撮ります。

出来上がった写真をそれぞれ隣同士に並べて、左右の画像を別々に
観察すると立体映像として見えてきます。

さらに、近年では映像が立体的に見える3Dテレビや、3D撮影用ビデ
オカメラも登場しました。

これまで「ステレオ」と呼び習わしていたものが、テレビ映像の世界では
「3D、Three Dimensional=3次元」と名称が改まった結果です。

All rights reserved   Yumoto ORTHO CLINIC 2014