【ご注意】当ホームページは Internet Explorer 6 をサポートしておりません。他のブラウザーでご覧ください。


術後の説明書 
ばね指の手術予約

当院でばね指手術を受けられた方にお渡ししている説明書です。
また「術後の注意事項について」のPDF版はこちらで、本文と同じ内容です。


「2mm切開ばね指手術」 術後の注意事項について - 湯本整形外科 -

1.抗生剤軟膏について
 抗生剤軟膏を処方しますので下記の要領で傷口に塗布して下さい。

2.手術後の通院について
 近隣の方は手術後2回ガーゼ交換のために通院していただきます。

手術翌日 まず10分間、温湯に手を浸して薬浴をしてから指の軽い運動療法を行います。
そのあと傷口に抗生剤軟膏を塗り救急絆創膏またはガーゼを当てます。
(引き続き5日間は自宅で軟膏塗布とガーゼ交換を行ってください。)
7日目 術後2回目の通院で機能回復について診察をします。
皮膚縫合はしませんので抜糸の必要もありません。この日を最後にガーゼ交換は不要となります。
  * 都合がつかなければ受診日がずれてもかまいません。
  * 通院が困難な遠方の方は、術後1ヶ月頃に電話で回復状況を知らせいていただければ幸いです。

3.水仕事(水濡れ)について
 手術後に通院出来ない方は下記の目安で水仕事をして下さい。
手術翌日から 好きな時に、水道水やきれいな温水で手洗いができます。
水や汗で手が濡れた場合には、その都度抗生剤軟膏を塗り直してから救急絆創膏またはガーゼを取り替えて下さい。
手術後5日 石けんで手洗いができます。 
手術後7日 入浴で浴槽に手を浸けたりシャンプーで洗髪ができます。
 また素手で炊事や洗濯もできます。
この日を最後にガーゼ交換は不要となります。
  * 化膿しやすい方は8日目以降もしばらく軟膏塗布を続けてください。
  * 見かけ上傷口がふさがっていても、不安感が残る場合は水仕事を少し延期してください。

4.手作業の再開について
    ・ 痛みが軽ければ翌日からハサミ、鍬、鎌などを使っても差し支えありません。
    ・ ピアノやオルガンなど楽器の演奏再開についても同様です。
    ・ ガーゼやフェルト布で創部を保護すると早目に手作業に復帰できます。

5.お薬(飲み薬)について
抗生物質 アレルギーがある場合は投与しませんので予めお知らせ下さい。
痛み止め 指の機能回復とは関係ありませんので痛みが軽ければ飲む必要はありません。

6.示指・中指・環指の術後の機能回復について
腱の癒着 母指の手術に比べて術後の機能回復が遅れることが知られています。
母指以外の指には屈筋腱が2本あり両者の癒着が術前・術後にわたって続くからです。
このため日常生活で不自由を感じなくなるまでに4週間ほどかかることがあります。
外見上の変化 手術後3~4週間は第2関節(PIP)が平らまで伸びないことがあります。 
昼間は平らに伸びて翌朝には再び曲がっていますが回復途上の経過で心配いりません。
滑液の貯留 きわめて希ですが術後3~4ヶ月間、腱の周りに滑液が貯留して鈍痛が続くことがあります。エコー検査で診断が付き、またステロイド注射が非常に効果的です。機能回復が遷延する場合にはご相談ください。


All rights reserved   Yumoto ORTHO CLINIC 2014