【ご注意】当ホームページは Internet Explorer 6 をサポートしておりません。他のブラウザーでご覧ください。


医療器具 
設備および器具

 当院は入院設備がなく大がかりな手術はできませんが、日帰りの外来手術を多数行っております。
 手術関連の設備、器具は下記のとおりです。


○天井照明
平成26年2月に手術室の天井吊り下げ式照明の入れ替えを行いました。
山田医療照明(株)製でLED光源の「スカイルックス クリスタル シリーズ」でユニット数は4個です。
・ 当院では毎年200名以上のばね指手術を行っていますが、ビデオ撮影には明るい照明が欠かせません。

・ 外来手術として他にもド・ケルバン腱鞘炎を行っていますが内部が詳しく観察できて便利です。

・ 手根管症候群の手術では皮膚切開が1cmで横穴式の操作となるため、いくら天井照明が明るくて創内に光が届きません。この時はLED照明 EyeMag Light を併用します。



○超音波診断装置(エコー装置) 日立メディコ社製 Preirus

  ◇ ばね指手術
・ 平成22年10月の新規導入以降、ばね指手術に必須の器具として使用しています。
ばね指手術では防水仕様のプローブ EUP-O54J を前もって消毒液に浸けて滅菌してから使用します。
・ ビデオ図書室のばね指手術では超音波映像を画面上にスーパーインポーズしてありますのでプローブの使い方はもちろん、手術手技までご理解いただけると思います。

・ プローブはL字型の形状で、ケーブルが側面から立ち上がるため指を深く曲げた状態でもA1腱鞘を観察することができます。したがってばね指の術前・術後の検査だけでなく、ばね指の手術中に使うことができます。
  ◇ その他の用途
・ 肩関節石灰の吸引治療
・ 皮下腫瘍の術前検査
・ 皮下血腫の診断・治療  など
Preirus本体 ケーブルの根元まで広範囲に防水加工がなされており、プローブごと消毒液に浸けることができます。



○バイポーラ凝固止血器

   ・ BONIMED社製のバイポーラ凝固止血器は手術による出血に対処するために使用します。
   ・ 主な用途は 1)手根管症候群 2)ド・ケルバン腱鞘炎 の手術です。




○超音波洗浄器

   ・ ガイドナイフは、洗浄中に他の手術器具とぶつからないように小型の洗浄器で行います。
   ・ その他の手術器具と注射器などは大型の洗浄器で行います。




○オート・クレーブ

・ 当院ではMACー3600S、中型全自動高圧蒸気滅菌器(elk社製)を使用しています。
・ 手術器具セットの滅菌はオートクレーブで行います。
・ ばね指手術用の器具セットは常に7組が滅菌済みです。
・ その他にも手術別の器具セットが常に滅菌されています。



○光学顕微鏡

Nikon Eclipse E400

・ 平成9年7月に導入しました。
・ 当院は腫瘍(できもの)の摘出手術のあと、必ず病理検査を行っています。
・ それぞれの病理標本は、病理専門医による報告書が添えられますが、私自身も必ず病理標本を見るようにしています。



○注射器

・ 当院ではガラス注射器を用いています。

・ 滅菌・消毒には(1)ステリハイドL20w/v%液の前処理 (2)超音波洗浄器 (3)オート・クレーブ滅菌 を行い、安全性には万全を期しております。

・ ガラス注射器はプラスチック注射器に比べて内筒の摩擦抵抗が少なく動きが滑らかですので、滅菌や消毒など手間はかかりますがディスポーザブルに移行する予定はありません。


○医療用の双眼ルーペ(再掲)


 別ページで述べますが、外来の処置や手術を精密に行うために私にとっては重要な小道具です。

倍率:5倍 視野範囲(直径):300mm 手術用
倍率:6倍 視野範囲(直径):215mm 細かな処置、抜糸
倍率:8倍 視野範囲(直径):190mm 極小のトゲの処置


○医療コンピュータ
・ 当院では電子カルテは使用していませんが、診断書、医療情報提供書(紹介状)や同意書などの公的書類はコンピュータで作成しています。


All rights reserved   Yumoto ORTHO CLINIC 2014